PTCAバルーンカテーテルとは

PTCAとは経皮的冠動脈形成術のことで、【Percutaneous Transluminal Coronary Angioplasty】の頭文字4つをとったものです。【IABPバルーンカテーテルとは】のページでも説明しましたように、心臓自身に血流を送っている血管を冠状動脈といい、その血管が詰まったりするのが狭心症・心筋梗塞と呼ばれる病気です。

IABPバルーンカテーテルは弱った心臓を補助するためのカテーテルですが、このPTCAバルーンカテーテルはその詰まった冠状動脈( C:Coronary 冠状動脈)に対し、開胸手術をせず、患者さんの腕や足の血管からカテーテルを挿入して( P:Percutaneous 経皮的. T:Transluminal 経血管的 皮膚を通じて、血管を通じて)狭くなった部分をバルーンで拡張して再度血管を形成し直す( A:Angioplasty 形成術)ために使われます。

その他の治療方法として、外科的治療法であるCABG(Coronary Artery Bypass Graft 冠状動脈バイパス術※)がありますが、日本では多くの場合が、内科的治療方法であるPTCAでの治療が選ばれるようです。開胸手術をせずに、短時間で終わるので、患者さんにとっては負担が少ない(低侵襲)治療法として利用されています。

※動脈硬化で狭められた冠状動脈に、体のほかの部位の血管を使用してバイパス(迂回路)を作る方法